青汁はどう作るのがおすすめ?

青汁はどう作るのがおすすめ?

青汁はどうやって作る?

 苦くて野菜の青臭さが残る青汁は現在ではあまり見かけなくなりました。甘味が加えられて美味しく手軽に毎日いただけるように改良されている青汁がほとんどです。形状として粉末やサプリメント、冷凍のものなどいろいろなものがありますが粉末の青汁が一番一般的です。水や牛乳に溶かして飲むのが一番簡単な方法ですが、毎日続けるにはそれだけでは飽きてしまいますので、今では様々ないただき方が考案されています。



一般的な方法

 一番一般的な方法は水に溶かして飲む方法です。製品の説明書に記載の分量の水と青汁の粉末をスプーンやマドラーで混ぜて飲みます。しっかり混ぜないとダマになり口当たりが悪くなりますので注意しましょう。付属でシェーカーが付いている製品もあるので上手に利用するのも手です。シェーカーだと短時間で綺麗に混ざります。
 用いる水は水道水でも大丈夫ですが、ミネラルウォーターのほうがすっきりとした味わいが楽しめます。
 冷たい水ではなくお湯を用いると体を冷すことが無いので、冷え性や冷たいものが苦手という方も安心です。




水以外のドリンクに溶かして飲む方法

 青汁は水以外の様々なドリンクに溶かして飲むことができます。水で溶かして飲むより野菜の青臭さが抑えられて飲みやすくなります。
・牛乳、豆乳で飲む方法
牛乳や豆乳の自然な甘みが苦みや青臭さを抑えてまろやかな味わいになります。野菜が苦手のお子様でも飲みやすくなりますし、カルシウムやイソフラボンなど健康に良い成分も一緒に摂ることができます。
・ジュースで飲む方法
市販の野菜ジュースやフルーツジュースに溶かして飲む方法です。添加物入りのものではなく、100%のフルーツジュースが青汁に合います。



料理やデザートとしていただく方法

 アイスクリームやヨーグルトにかけて手軽なデザートとしていただくのがポピュラーな方法です。いつものデザートが一味違った味わいになり美味しくいただくことができます。野菜嫌いなお子様におすすめです。ケーキやババロア、ゼリー等に抹茶の代わりに用いることもできます。
 味噌汁やスープ、天ぷらやパスタといった料理の隠し味に用いることもできます。好みに合わせて様々な方法で青汁を楽しむことができます。