サントリー極の青汁の特徴と成分は?

サントリー極の青汁の特徴と成分は?

サントリー極の青汁

 現代の食生活では、野菜不足の人が増えています。そこで、野菜不足を補うために野菜ジュースや青汁を飲むという方がいると思いますが、野菜は摂取量大切ですが、野菜の質はどうでしょうか?サントリーの極の青汁は野菜の質にこだわって、健康と美容に良い野菜を摂りたいと願う方のために作られました。国産の大麦若葉と明日葉に加えて、抗酸化作用の高いポリフェノールの一種「ケルセチンプラス」を配合しました。ケラセチンプラスは緑黄色野菜の栄養と合わせることでより高い健康維持パワーを発揮します。



こだわりの国産品質

 極の青汁の主成分となる緑黄色野菜は豊富な栄養素を含む大麦若葉と明日葉です。質の高い栄養を摂れるように、国内の畑で吟味して妥協せずに育てられた素材を使用しています。
 大麦若葉は熊本県阿蘇産です。土作りからこだわり、肥沃な土壌で力強く育った大麦若葉はビタミンEやB1、B2、食物繊維など多くの栄養素を含んでいます。腸内環境を整えて新陳代謝を高めて、ダイエットや美容に効果的です。
 さらに、大麦若葉の力を引き出し、足りない栄養素を補う野菜として明日葉を配合しています。極の青汁の明日葉は屋久島と伊豆大島で育てられています。昔からごく限られた地域で自生している明日葉は地元で薬草として親しまれていました。どちらの島も温暖で雨量が多く、畑は水はけがよいので明日葉の栽培に最適です。明日葉はビタミン、ミネラル類が豊富な上、明日葉特有の成分「カルコン」が優れた抗酸化作用を発揮します。



ケルセチンプラス

 ポリフェノールの分野でトップクラスの研究実績を誇るサントリーがたどりついたのが、野菜の力を引き出し体に吸収されやすくする「ケラセチンプラス」です。
 ポリフェノールは緑茶の「カテキン」、赤ワインの「アントシアニン」、大豆の「イソフラボン」等が有名で優れた抗酸化作用を発揮しアンチエイジングや生活習慣病予防に注目されています。ケラセチンプラスは野菜の代表的なポリフェノールであるケラセチンの構造を変化させて、野菜の底力をしっかり吸収できるように開発されました。大麦若葉と明日葉のパワーにケラセチンを加えることでより高い健康維持効果が得られるようにしました。