レモンの青汁の特徴と成分は?

レモンの青汁の特徴と成分は?

レモンの青汁

 レモンの青汁は野菜の王様「ケール」を主成分とした青汁です。一般的に食べられている緑黄色野菜に比べてとても豊富な栄養素を蓄えたケールは現代人の野菜不足を補うには最高の食材といえます。しかし、ケールは特有の苦みや渋み、野菜の青臭さが強いことから、飲みにくく毎日続けることが困難なケースが多い野菜です。そこで、レモンの青汁は、レモン果汁を配合することでケールの苦みや渋みを気にすることなくスッキリ爽やかに飲みことができるように仕上げました。お子様でもゴクゴク飲める味なので野菜嫌いな方におすすめです。



野菜の王様「ケール」

 毎日飲む健康食品の青汁だからこそ“品質”にこだわりました。野菜は食べる量も大切ですが、現在一般的に食べられている野菜の多くは土壌の悪化や品種改良、大量生産等により野菜本来の栄養価が減少していると言われています。ほうれん草やにんじんの栄養価は60年前に比べると1/3以下程度しかなくなっているのです。このような質の落ちた野菜では大量に食べないと体に必要な栄養素を摂りいれることができません。しかし、ケールは緑葉色野菜の中でもずば抜けて栄養価が高いので、質の良い栄養素を体に摂りいれることができます。特に、ビタミン、ミネラルが豊富で抗酸化作用に優れています。青汁だと生でケールをいただけるので、加熱によって栄養素が壊れることなく体にしっかり吸収することができます。



レモン果汁配合で「続けられる青汁」に

 ケールだけですと、特有の苦みや渋み、青臭さがあるので毎日飲み続けるのはむずかしいですが、レモンの青汁は、レモン果汁が配合されて、スッキリ飲みやすい味なっています。
 ケールとレモンを合わせているのでビタミンCがとても豊富に含まれています。レモンの青汁2袋で1日に必要なビタミンC100mgが摂取できます。1日あたり栄養所要量に対する充足率は125%です。優れた栄養機能食品として認知されています。
 ビタミンCは風邪予防やガンや貧血の予防に効果が高いので毎日健康でありたい方におすすめです。また、美白、美肌の効果も高いので美容やアンチエイジングにとても有効です。