青汁にはどんな効果があるの?

青汁にはどんな効果があるの?

青汁にはどんな効果があるの?

 青汁の主成分は緑黄色野菜ですので、普段の食事では不足しがちな野菜の栄養素を手軽に摂取することができます。野菜嫌いのお子様も、食が細くなってしまった高齢者の方も楽に取り入れることができるのが良いところでしょう。
 青汁の主成分となる緑黄色野菜の種類や添加物の違いによって、体に有効な効果が変わってきますので、自分の目的に合った効果が期待できるものを選んで取り入れると良いでしょう。青汁の主な効果は以下の通りです。



便秘解消

 青汁の主成分となるケールや大麦若葉、明日葉等には、食物繊維が豊富に含まれています。野菜に含まれる食物繊維は大腸の働きを促しますので便秘解消の効果が期待できます。また、デトックス作用があるカリウムも多く含まれているので、便秘が解消されて腸内環境が良くなります。腸内環境が良くなると、ダイエットはもちろん、免疫力アップやアレルギー症状を緩和する効果も期待できます。



血液をきれいに

 現代の食生活は経済の成長とともに飽食になり、必要以上のコレステロールを摂取している人が多いのが現状です。体内のコレステロール値が高くなると、血液の壁にこびりつき、壁が厚くなります。これは血管が狭くなることを意味し、動脈硬化につながります。また、様々な生活習慣病につながる恐れがあります。
 青汁には、食生活を改善して体内のコレステロール値を下げる働きがあるので、積極的に取り入れると良いでしょう。コレステロール値が下がると血液がきれいになるので、生活習慣病を防ぐことができます。




免疫力アップ

 青汁を飲んで便秘が解消されると腸内環境が良くなります。腸内環境が良くなると、腸の働きが良くなり免疫力がアップします。青汁を継続して飲むことで、風邪やウィルスに強くなるのはもちろん、ガンの予防効果も期待できます。花粉症やじんましん等、アレルギー症状の緩和も期待できます。



美容効果

 青汁によって、栄養バランスが整い、腸内が綺麗になると様々な美容効果も期待できます。まず、腸内環境が良くなるにともない、ニキビや吹き出物等の肌トラブルがなくなります。また、代謝が良くなるので、脂肪を燃焼して痩せやすい体質になることができます。